2018年6月22日 (金)

《トップニュース》

  • タイ、電子廃棄物輸入を禁止=密輸急増に対応
  • 英首相、タイに自由選挙実施促す=EU離脱後も貿易・投資関係強化で合意−首脳会談
  • 5月の国境経由の貿易額、前年比4.3%増=計1174億バーツ超
  • 3空港連結鉄道整備事業の入札書類購入9社に=シノタイやBEMも

《産業》

  • MGセールス、小型乗用車「MG3」の新モデル発表
  • タイで高級腕時計「グランドセイコー」発売=セイコー
  • 外国映像作品の撮影収入、前年並みの30億バーツ予想=タイ観光・スポーツ相
  • 展示場インパクト、18年度の売上高で前年比5%増
  • タイタン・フーズ、生産ラインの増設に6億バーツ
  • TITLE、プーケット・バンタオビーチで土地購入=今後の開発対応で
  • PDI、今年下期は20億バーツ投資=太陽光など開発
  • シェルからの事業権取得が完了=タイ湾のボンコット鉱区−PTT開発会社
  • EECやバンコク東郊で不動産開発=オリジン・ハウス

《経済》

  • バス料金の値上げ、来月検討=消費者対策で段階的実施も−タイ陸運局
  • 軽油B20、3バーツ安く販売=間接税引き下げ
  • 19年度税収、6200億バーツ目指す=タイ間接税局
  • 【タイ日系企業進出最前線】4件に促進権付与=5月22日のBOI小委員会
  • 〔アジア外為〕全面安=インネシア・ルピアは1%超下落(21日)
  • 〔東南アジア株式〕全般に下落=マニラは1年半ぶり安値(21日)

《政治・社会》

  • 河野外相が南部アジア歴訪
  • 前タイ首相、誕生日に「幸せ」=国外逃亡後初の投稿

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • プノンペンの市バス、キャッシュレス支払い導入へ=カンボジア

《コラム・リポート》

  • 【ASIA穴場スポット】「マレーシアのウユニ塩湖」スカイミラー

《自動車》

  • マレーシアみずほ銀、関西ペイント合弁会社に融資=イスラム式で1000万ドル
  • ジヤトコ、中国に新工場設立=自動車用変速機の生産拡大
  • 負傷者情報、車が自動送信=事故時の救命、迅速対応−トヨタ・ホンダ
  • 深セン市、年内に自動運転試験場を建設=中国
  • 長安汽車、南京でNEV工場着工=200億元投入−中国
  • 広東鴻図科技、湖北省のNEV産業向け基金に出資=中国
  • タンチョン、中国・金龍バスを独占組み立て・販売=マレーシアで
  • 上位メーカー、プロドゥア以外軒並み減=5月のメーカー別新車販売−マレーシア
  • 二輪輸出、1〜5月は前年比46%増の23万台=業界団体−インドネシア

《ASEAN・インド》

  • 穴吹興産、インドネシアで戸建て住宅事業=海外で初の不動産開発
  • 日本支援のインドラマユ発電所拡張、稼働目標を27年に延期=環境訴訟で遅れ−国営PLN・インドネシア
  • DIC、インドネシアに顔料技術センター設立=研究開発体制を強化
  • 銀行で人手不足が深刻化=事業拡大で仕事増、有能行員引き抜きも−ベトナム
  • 海外在住ベトナム人労働者の外貨送金、年30億ドル
  • イオンクレジット現法、バイク向け融資増を予測=マレーシア
  • ソニー・マレーシア、ワイヤレスヘッドホン3商品を発売
  • 日東電工、水源2種類の水処理プラント向け逆浸透膜を受注=海水と貯水を浄化−シンガポール
  • 宿泊施設格安予約サイトのレッドドアーズ、フィリピンに500万米ドル超投資=シンガポール
  • インド、30品目に追加関税=米の鉄鋼輸入制限に報復

《日本・世界》

  • 巨大洋上風力、実力出せず=福島県沖、適正規模見極め−経産省
  • OPEC増産不透明に=総会直前、イラン反旗
  • 株主も神戸製鋼に不信感=過去の失敗生きず−データ改ざん

《マーケット情報》

  • アジア主要市場の株価指数(21日、カッコ内は前営業日比)
  • 米国市場サマリー(21日)

《人事・訃報》

  • 成長分野で企業の海外展開支援=生え抜き初の前田総裁就任−国際協力銀
  • 日本精密社長に井藤常務=岡林社長は取締役に−21日付

《東京各紙朝刊》

  • 22日の朝刊(都内最終版)

《トップニュース》

タイ、電子廃棄物輸入を禁止=密輸急増に対応

 【バンコク時事】タイ工業省のパス次官は21日、電気電子機器廃棄物とプラスチック廃棄物の輸入を禁止すると発表した。タイでは電子廃棄物の密輸が増えており、環境汚染への懸念が高まっていた。国内のリサイクル業者は今後、原則として国内の電子廃棄物しか扱えなくなる。...

【目次へ】