2018年4月23日 (月)

《トップニュース》

《産業》

  • 日本システム技術、バンコクに地域統括会社=R&Dも担当
  • ナコントン病院、18年に2億バーツ投資=インフラ整備など
  • タイ石油、ラオスの給油所100カ所に=22年までに倍増
  • トゥルー、顧客情報流出で補償策実施=NBTC事務局長
  • TACC、B2Cを拡大=サンエックスのキャラグッズ販売で
  • 住宅公社、複合施設開設を目指す
  • タイでスマホ上位機種「P20」発売=年内に業界2位へ−ファーウェイ
  • 東部チョンブリ県のウオーターパーク、今年は10億バーツ投資
  • バイオ混合燃料B10を前倒し導入へ=生産者協会が要望

《経済》

  • タイなど4カ国で海外送金リアルタイム化に着手=カシコンとSCBが参加−SWIFT
  • トルコとFTA締結へ3回目の交渉=タイ商業省
  • 〔アジア外為〕大半が下落(20日)
  • 〔東南アジア株式〕シンガポール反落=マニラは反発(20日)

《政治・社会》

  • 「旅客機手荷物に爆弾」=ドイツ人客、冗談で逮捕
  • 中国が3位=サッカー女子アジア杯
  • ロイター記者逮捕は「わな」=ミャンマー警察高官証言

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • ルアンパバーンなど3郡を市に昇格=都市の開発推進で−ラオス
  • 通用科技、カンボジアにタイヤ工場=3億ドル投資−江蘇省・中国
  • 稲垣第一生命社長、グローバル生保目指す=利益3000億円規模に−インタビュー

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・ジャカルタだより】歩道
  • 【Thailand Market Insight】第550回 地政学リスク、通商関連リスクの後退と良好な米経済でドルバーツ堅調 三井住友銀行 アジア・大洋州トレジャリー部(バンコク駐在)宮野素子

《自動車》

  • 日産、国内販売の電動車4割へ=EV3車種投入−22年度まで
  • 日産社外取締役に女性レーサー=検査不正で2役員退任
  • モデナス、20年ぶり大型バイク発表=印バジャージのモデルベース−マレーシア
  • 新エネ車免税目録から1882車種を除外=中国当局

《ASEAN・インド》

  • タイ系畜産チャロン・ポカパン、日本と東ティモールへ初出荷=鶏肉加工品など−インドネシア
  • 国営建設PP子会社、日本人向け居住地区を開発へ=不動産ジャバベカと協力−インドネシア
  • エースコックベトナム、「リンガーハット」運営へ=成長にらみ外食事業に参入
  • ビジネス環境改善、交流増進に全力=ハノイ、ホーチミンの「商工会議所」が総会−ベトナム
  • エアアジア、南京に乗り入れ=バンコク線、週4往復−江蘇省・中国
  • 「イオンモール・クチン・セントラル」が開業=120の専門店が入居−マレーシア
  • 住商、インソンと覚書締結=FPSOなどの保有・用船事業を共同推進−マレーシア
  • 明治安田生命、劣後債10億ドル発行=資本規制強化にらみ

《日本・世界》

  • 新貿易協議で輸入制限議論=優先分野は農産物と自動車−駐日米大使
  • 米財務長官、対日FTAに期待=貿易摩擦で訪中検討
  • 17年度粗鋼生産、2年ぶり減=需要好調も対応できず
  • 半導体売却、審査再申請を検討=5月末期限、売却慎重論も−東芝
  • G20、反保護主義の確認見送り=世界経済への影響懸念−財務相会議が閉幕
  • 核・ICBM実験を中止=北朝鮮、非核化は不透明−「並進」転換、経済建設に集中
  • 北朝鮮・シリア討議=G7外相会合開幕

《マーケット情報》

  • アジア主要市場の株価指数(20日、カッコ内は前営業日比)

《人事・訃報》

  • 九電社長に池辺常務=6年ぶり交代−原発安定稼働めどで
  • 生保協会長に稲垣第一生命社長=7月20日就任

《東京各紙朝刊》

  • 23日の朝刊(都内最終版)

《トップニュース》

タイ上場11行、1〜3月期は1.4%増益=大手2行が減益

 【バンコク時事】バンコク銀行などタイ上場11行の2018年1〜3月期純利益は計544億1453万バーツとなり、前年同期から1.4%増加した。うち3行が減益だった。...

【目次へ】