2018年12月14日 (金)

《トップニュース》

《経済》

  • 大統領、バタム開発庁の解散決定=自由貿易地域、中央・地方の二重権限解消
  • 石炭の国内供給量、11月末時点で1億トン超に=通年目標の83%相当−エネルギー省
  • 〔東南アジア株式〕米中摩擦の緩和期待で上昇=バンコクは下落(13日)

《産業》

  • ジャワ高速鉄道、開業目標22年に延期=国営建設会社
  • 国営マンディリ銀、19年の貸し出し伸び率目標11.5%増
  • 年末年始のトラック通行禁止、運輸相規定を公布
  • 二輪輸出1〜11月は前年比47%増の58万台=業界団体速報値
  • 格安航空シティリンク、バニュワンギ−KL線に就航=19日から
  • 衣料小売りメガ・プリンティスがIPO=販売店の追加資金など調達
  • エネルギーのインディカ、豪鉱業会社の株式19.9%取得へ=産金事業へ参入
  • 18年の国内漁獲量、800万トン超える可能性も=海洋・水産省
  • 11月のセメント消費、前年比1.5%増の646万トン=業界団体
  • 19年のプラスチック消費量、前年比6%増の見通し=業界団体
  • VGI、インドネシアの大手財閥シナルマスと合弁会社設立

《コラム・リポート》

  • 【ASIA穴場スポット】都心にオオトカゲ=バンコク
  • 【ほっとたいむ】ガルーダ、70〜80年代感あふれるビンテージ便運航
  • 【政界・深層海流】安倍長期政権の秘訣 政治ジャーナリスト 田崎史郎

《シンガポール》

  • 地元飲食関係者に沖縄物流ハブ経由の新鮮日本食材をPR=県、ANAカーゴ、ヤマト運輸
  • 米KKRが初の社会的インパクト投資=ビル省エネ技術会社に4500万Sドル出資

《中国・香港・台湾》

  • パナホームズ、アジアで住宅開発=マンションに自社製品
  • 中国、カナダ人2人の拘束確認=ファーウェイ幹部逮捕で報復
  • 中国「貿易協議は順調」=米産品の輸入拡大を確認

《マレーシア》

  • グーグル人物検索、トップはナジブ前首相=資金流用疑惑で注目
  • 国内新卒者、学歴と職務のミスマッチに悩む=カザナ・リサーチ

《タイ》

  • ASEAN議長国のタイ、第4次産業革命に対応=域内シームレス化目指す−商業省がセミナー
  • TPP11参加に必要な情報、不十分=現政権では決定困難−タイ商業省高官
  • タイの経済成長率を4.3%に下方修正=輸出の減少などで−ADB

《その他アジア》

  • JICA、紙幣用インクと混合ワクチンに理事長表彰=ハノイで授賞式−ベトナム
  • 税務検査の遅れで滞納罰金支払い=外資系企業、不満強める−ベトナム
  • クラボウ、ベトナムに原糸・高付加価値生地の販社設立

《オセアニア》

  • 国際帝石、豪州LNGプロジェクト、イクシスの権益追加取得=66.245%に

《自動車・二輪》

  • アイシン、自動運転想定のコンセプトカーを披露=米家電見本市で
  • 検査不正で4度目リコール=日産、14万台超を届け出−ブレーキやステアリング
  • 自動車総連、ベア金額提示せず=5年ぶり−来春闘要求案
  • 日欧のWTO勝訴確定=ブラジル優遇税制「協定違反」
  • トランプ米大統領、車の電動化はうまくいかない=GMを批判
  • 仏ルノー、ゴーン会長の留任決定=中間報告で「報酬問題なし」

《Japan/World Today》

  • 新在留資格、12技能試験を創設=外国人材、5年で34万人上限−制度の大枠判明
  • 欧州中銀が量的緩和終了=利上げ視野、日銀置き去り
  • 110番通報に多言語対応=外国人支援策、実効性に課題−新在留資格
  • 日本郵政、米アフラックに出資=3000億円、収益多角化へ海外強化

《人事・訃報》

  • 三井住友FG次期社長に太田氏=国部氏は会長−19年4月
  • ブリヂストン社長に江藤氏=来年1月1日付
  • 第二地銀協会長に藤原名古屋銀頭取
  • 和田勝義氏死去(元日本工営社長)

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2018年12月13日
  • アジア主要市場の株価指数(13日、カッコ内は前営業日比)
  • 三菱UFJ銀行直物為替公表建値 12/13
  • 上海メタル(13日)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(14日)

《お知らせ》

  • 新機能追加のお知らせ

《トップニュース》

EC最大手トコペディア、ソフトバンクなどから11億ドル調達=オフラインへの業容拡大に充当

 【ジャカルタ=時事】インドネシアでインターネット通販サイトを運営する電子商取引(EC)最大手トコペディアは12日、新たに実施した資金調達ラウンドで、ソフトバンクグループの投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」と中国EC最大手の阿里巴巴(アリババ)集団などから総額11億ドルを調達したと発表した。調達した資金は、流通などオフライン分野への業容拡大に充てる。13日付のビスニス・インドネシア紙が報じた。...

【目次へ】