2018年4月23日 (月)

《トップニュース》

《華南・香港》

  • 広州で合同セミナー・企業交流会開催=北陸銀と大垣共立銀−広東省
  • 米制裁で解決策を模索=中国・ZTE
  • 新エネ車免税目録から1882車種を除外=中国当局
  • 広東省の17年中古車販売台数、全国2位
  • 中国・騰訊、インド・オンラインゲーム「ドリーム11」に110億円出資も
  • 深セン−中山高速道路の橋りょう工事、9月着工=広東省
  • 南沙FTZ、企業本部設置に最高3.5億円支給=広東省
  • 米外国投資委、中国企業の港湾施設買収を警戒=WSJ紙
  • 柳鋼集団、自動車鋼板の中金金属を買収=広西自治区
  • 中国・桂林でドラゴンボート転覆、17人死亡=練習中、バランス崩す
  • 香港の中小企業景況感、3期連続改善=香港生産力促進局
  • 香港企業景況感、「良くなる」は17%=「悪くなる」上回る−第2四半期
  • 香港・長実、トロント用地入札に名乗り=落札価格、最大590億円か−加紙
  • 香港消費者委、クーリングオフ制度導入を提案=ジムや美容サロンなど対象

《自動車》

  • ベトナム経済、裾野産業の発展に依然苦しむ=専門家は政府育成計画に悲観的
  • 日産、国内販売の電動車4割へ=EV3車種投入−22年度まで

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・ジャカルタだより】歩道
  • 【アジア進出インタビュー】第234回〔アジア全般〕ASEANと中国を成長エンジンに 井関農機副社長(海外営業本部長) 豊田佳之さん

《上海・華東》

  • アリババ、半導体設計の中天微買収=浙江省
  • 国有資産管理最大手の華融、トップ交代=上海市
  • 中国核電、17年は増収増益=原発1基が稼働
  • 上海開創国際、17年は大幅増益=マグロ漁18%増
  • 上海石化と虹橋空港結ぶ航空燃料パイプラインが着工
  • 上海行き米機が緊急着陸=成田空港

《四川・中西部》

  • 中印首脳、武漢で27、28日会談
  • 雲南省民への訪日ビザ発給件数、17年は3.7万件

《中国・経済》

  • 米財務長官、対日FTAに期待=貿易摩擦で訪中検討
  • 半導体売却、審査再申請を検討=5月末期限、売却慎重論も−東芝
  • 仮想通貨取引高、17年12月のピークから半減=調査サイト
  • 核実験場廃棄を決定−北朝鮮=ICBM発射も中止−正恩氏、非核化触れず
  • 反保護主義で結束できず=全会一致の限界露呈−G20
  • 麻生財務相:報復行為の応酬は金融市場の混乱招く=G20
  • IMF委声明、貿易摩擦で「対話必要」=世界経済の下振れ要因
  • IMFアジア局長:サービス市場開放が貢献=貿易摩擦の緩和策
  • 世界銀行、1.4兆円の増資で合意=米政権容認に転換
  • 18年の大豆生産見通し、前年比1.9%増=中国農業省

《中国・一般》

  • 中国、北朝鮮の決定「歓迎」=経済発展方針も評価
  • 海空メカニズム「さらに前進」=日中
  • バヌアツ首相「中国の基地はつくらず」=豪首相と会談

《日本企業の中国関係人事》

  • 日本企業の中国関係人事

《台湾》

  • 電力不足対策へ、大口契約者に節電義務付け
  • 18年の製造業、生産額3.29%増と予測
  • パネルメーカー、4〜6月期は業績悪化の可能性
  • 証取、上場促進へ審査時間短縮

《その他アジア》

  • 27日に南北首脳会談、新共同宣言発表へ=非核化、休戦終結で合意目指す
  • 南北首脳ホットラインが開通=史上初、韓国側は大統領執務室に
  • 対タイ投資額は5年間で30億ドル以上に=中国アリババの馬会長

《Japan/World Today》

  • G20、反保護主義の確認見送り=世界経済への影響懸念−財務相会議が閉幕
  • EU・メキシコ、FTA見直しで基本合意=米保護主義に危機感

《人事・訃報》

  • 生保協会長に稲垣第一生命社長=7月20日就任
  • 九電社長に池辺常務=6年ぶり交代−原発安定稼働めどで
  • TSIHD社長に上田谷社外取締役=斎藤社長は退任−5月25日付
  • アイネット社長に坂井常務=梶本社長は取締役相談役に−6月22日付
  • 日産社外取締役に女性レーサー=検査不正で2役員退任

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2018年4月20日
  • アジア主要市場の株価指数(20日、カッコ内は前営業日比)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(23日)

《トップニュース》

広東FTZの新設企業数、3年で21万社に=投資・貿易・金融で改革進む

 中国広東自由貿易試験区(FTZ)設立から丸3年を迎える21日を前に、20日付の地元紙・南方日報(A06〜09面)は、これまでの取り組みの成果を振り返った。広東FTZに新設された企業の数は2017年12月時点で累計21万社となり、うち外資系企業は9639社、外資導入額は128億5000万米ドル(約1兆4000億円)に上った。...

【目次へ】