2018年10月16日 (火)

《シンガポール》

  • STエンジ、人物の特定など可能な「スマート街灯」事業受注=750万Sドルで
  • NETS、企業向けオンライン請求・集金サービス「ペイコレクト」開始
  • 土地付き戸建て住宅、上位5%の高額所得層のみ購入可能=一戸建て平均価格10億円超
  • 海事港湾庁長官にクア・レイフン氏=来年1月就任
  • 9月の新築民間住宅販売、前月比51%増
  • 中国・電連技術、シンガポール系プリント基板メーカーを傘下に=広東省
  • 国営ガルーダ航空、タンジュンパンダン−シンガポール線で直行便=29日から
  • マレーシアのソフト・スペースとジュエル・ペイメンテック、資金決済分野で提携
  • 〔アジア外為〕大半が下落(15日)
  • 〔東南アジア株式〕下落(15日)

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・東京だより】スーチーシルク
  • 【早読み!週刊誌】ノーベル賞、慶事に水差す不協和音(10月8〜14日発売)

《マレーシア》

  • 「ルックイースト政策」で対日関係強化=一層の投資要請−マレーシア通産相
  • マレーシア貿易投資代表団が日韓訪問=14〜21日に
  • サトー現法、プタリンジャヤ工場売り出しか
  • 電子ギフトチケットのギフティ、マレーシア現地法人を設立
  • オンラインビジネスへの課税導入が有力=税制改革委員会
  • フェルダ再建へ報告書=アズミン経済相が表明
  • 鋼板YKGIの工場売却先、NSブルースコープが最有力か
  • ヒルトンクアラルンプール、ロビーの天井崩落

《インドネシア》

  • 日本とインドネシアの改正通貨交換協定が発効
  • インドネシアと通貨協定改正=円とも交換可能に−財務省
  • ヤマハ発、インドネシアで「YZF−R25」の19年モデル発売=年5000台の販売計画
  • 中国アリババ会長、インドネシアにIT起業家養成機関設立へ
  • フィンテック産業、規制緩和の方針=通信・情報相
  • インドネシアの製糖産業に20兆ルピア投資=台湾が関心−農業省
  • ハラル産業向け工業団地の規格作成へ=産業省

《タイ》

  • 新菱冷熱、協和発酵バイオのタイ工場を受注=アミノ酸の第2期工事が完成
  • 工業団地公社、19年度390億バーツ投資=EEC開発を推進

《ベトナム》

  • 日韓産業界、ベトナムで連携を模索=インフラとサプライチェーン念頭−23日から視察団
  • 「ジェトロ講座」11月実施=日系企業経営者が戦略を解説
  • ホーチミン市に日本水準の人間ドック=ベトナム初−健康維持に貢献
  • エクシムバンク、JCBと若者向けカード
  • 輸入小麦からアザミの種子=当局対応の遅れに批判
  • フィッチ、ビングループ見通しを「弱含み」に引き下げ
  • 年末までのドン相場、安定推移か=専門家らが予想

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • 赤峰吉隆、ラオスの銅鉱買収へ=増資で資金調達−内モンゴル

《中国・香港・台湾》

  • 広州交易会が開幕=「米バイヤー数は堅調」−中国
  • 中寵食品、NZペットフード会社買収=山東省

《オセアニア》

  • 9月の豪州産牛肉対日輸出、前年同月比4%減=業界団体

《Japan/World Today》

  • 安倍首相、消費増税へ景気対策指示=10%予定通りと表明、準備加速
  • 安倍首相、自由貿易を推進へ=きょう欧州歴訪へ出発
  • コメ輸出増へ「中国通」起用=元ハウス幹部を助言役−農水省
  • 21年入社組は現ルール=就活関係会議で一致−政府
  • 太陽光、買い取り減額=未稼働業者が対象−経産省方針

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2018年10月15日
  • 米国市場サマリー(15日)
  • 〔中国・香港株式〕反落=投資家の信頼感低下(15日)
  • 〔台湾株式〕反落(15日)
  • アジア主要市場の株価指数(15日、カッコ内は前営業日比)
  • 東証出来高・指数(15日、平均株価単位=円)
  • 〔ロンドン海運市況〕バルチック・ドライは+5の1584で終了(15日)
  • 上海メタル(15日)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(16日)

《お知らせ》

  • 訂正

《シンガポール》

STエンジ、人物の特定など可能な「スマート街灯」事業受注=750万Sドルで

 【シンガポール時事】シンガポール政府技術庁(GovTech)はこのほど、各種センサー付きカメラを搭載した「スマート街灯」の設置事業の入札で、政府系防衛複合企業STエンジニアリング(STエンジ)が750万シンガポールドルで受注したと発表した。政府はスマート街灯の導入により状況認識を高め、車両のスピード違反や無秩序な群衆など、交通や治安の取り締まりに迅速に対応したい考え。...

【目次へ】