2019年12月13日 (金)

《トップニュース》

  • 米、対中関税緩和か=大統領選にらみ農業優先
  • レジなし店舗の米ジッピン、13億円調達=野村総研やNTTドコモが参加
  • 米与野党、予算案で原則合意=政府閉鎖回避へ
  • 米、中距離弾道ミサイルを実験=INF条約失効で、中ロ反発必至
  • 中南米、今年の成長率は0.1%=来年は1.3%、ガイアナは85.6%―国連報告

《ウクライナ疑惑》

  • 米大統領弾劾案、14日にも可決=与党抵抗で攻防大詰

《英総選挙》

  • 保守党が歴史的勝利=EU離脱案、議会承認へ―半世紀の絆に終止符
  • EU離脱混迷に「ノー」
  • 離脱迷走、ようやく終止符か=「保守党大勝」に驚き
  • FTA交渉、最後の関門=20年末期限、再び混乱も―英・EU
  • トランプ氏、「盟友」勝利を歓迎=米英貿易協定の交渉本格化へ
  • 離脱後交渉へ準備=与党勝利で―EU首脳会議

《コラム・リポート》

  • 【SCHEDULE】予定
  • 【ニューヨーク・リポート】 民主ウォーレン氏とウォール街の対立激化=大企業・富裕層への大増税めぐり ニューヨーク総局 宮木建一郎

《米国経済》

  • 国内農業対策、3250億円=日米協定受け19年度補正案―農水省
  • NY連銀、年末へ短期市場対策を拡充
  • オプション市場、「ブラックスワン指数」が高水準に=アナリストは材料視せず

《米国産業》

  • ボーイング新型宇宙船の訓練機公開=「スターライナー」20日に打ち上げ
  • ボーイング、737MAXの増産計画先送り=運航再開見通せず
  • サウスウエスト航空、ボーイングと補償合意=737MAX運航停止で
  • アメリカン航空、737MAX欠航4月まで延長
  • シェブロン、メキシコ湾深海油田の開発決定=24年に生産開始見込み
  • トウモロコシ、メキシコ向け輸出で160万トンの大型成約=農務省

《米国政治》

  • 駐日大使にワインスタイン氏=保守系シンクタンク所長―大統領、近く指名へ
  • 日本の核廃絶決議案採択=26年連続、今年は軍縮に焦点―国連総会
  • 民主、討論会を年明け4回開催=大統領選指名争い控え
  • 北朝鮮、「挑発行為」と反発=安保理での米主張に
  • 「無分別な行動」望まず=北朝鮮に自制促す―米高官
  • 上院も「アルメニア人虐殺」認定=第1次大戦のオスマン帝国下
  • グレタさんに「落ち着け!」=トランプ氏、やゆするツイート
  • 世界のリーダーに「正直さ」を=オバマ前大統領夫人-マレーシア
  • 中国との取引成立に近づいている=トランプ大統領、12日の主なツイート

《自動車》

  • 日産社長「信頼回復に集中」=企業風土改革に意欲
  • 通信基盤、トヨタと共通化=「つながる車」開発急ぐ―スバル社長
  • 中国の新車販売、来年2%減=業界団体予想

《メキシコ》

  • 10月の鉱工業生産指数、2.8%低下=13カ月連続前年割れ

《ブラジル》

  • 第3四半期のと畜数、食肉輸出拡大で軒並み増加
  • カード市場規模、20年は61兆円に
  • コーヒー豆収穫、下方修正=在庫ひっ迫
  • 大豆輸出、20年は7500万トンに増加も=米国の生産減で―業界団体

《アルゼンチン》

  • 債務再編協議前に新政権の経済政策に関する情報必要=IMF報道官
  • 11月の消費者物価指数、前月比4.3%上昇
  • 10月の工場設備稼働率62.1%
  • 11月の消費者物価指数、前月比4.3%上昇

《その他中南米》

  • ジャマイカに新造船供与=安倍首相
  • ボリビア前大統領、アルゼンチンに再亡命=「貧しい人のため戦う」と表明
  • 政策金利2.25%に据え置き=ペルー中銀
  • 1~11月の税収11.6%増=コロンビア
  • 不明軍機の残骸発見=チリ

《環境問題》

  • 温室ガス「50年ゼロ」を承認=ポーランドは同意せず―EU首脳会議
  • 運用ルール、交渉難航も=パリ協定実施に向け―COP25
  • 目標引き上げ機運低調=若者らが抗議―温暖化対策

《日本、その他のニュース》

  • 内閣支持急落40.6%=「桜」影響、「森友」以来の下落―時事世論調査
  • 株高、2万4000円=1年2カ月ぶり、米中合意に期待
  • 景況感が4期連続悪化=増税影響、海外減速に警戒―12月短観
  • 自衛隊派遣、23日決定へ最終調整=イラン大統領に事前説明
  • EU、貿易紛争の対抗策強化=WTO機能不全で
  • 中国、景気下支えへ全力=来年の経済方針固まる
  • 石油市場、供給過剰続く見通し=OPECプラス減産拡大でも―IEA

《マーケット情報》

  • 〔ロンドン外為〕円、109円台後半(13日午前9時)
  • 円相場、109円62~62銭=13日午後5時現在-東京市場
  • 米国市場サマリー(12日)
  • 〔中南米外為〕レアル、上昇(12日)
  • 〔ブラジル株式〕続伸(12日)
  • カナダ・メキシコ主要株価指数(カッコ内は前営業日比)
  • 三菱UFJ銀行直物為替公表建値 12/13
  • 東京長期債利回り・債券先物
  • 東京金相場(13日・1グラム)
  • 東京株式市況(13日)急伸=米中合意報道で買い優勢
  • 東証出来高・指数(13日、平均株価単位=円)
  • LME非鉄相場(12日)

《人事》

  • OECD大使に岡村氏

《新聞各紙から》

  • 米主要紙見出し(12日)
  • 東京各紙朝刊(13日)
  • 東京各紙夕刊(13日)

《トップニュース》

米、対中関税緩和か=大統領選にらみ農業優先

 【ワシントン、北京時事】トランプ米政権は12日、米中貿易協議が農業分野で進展したとして、15日に予定する新たな対中制裁関税の発動を延期する方向で調整に入った。米メディアが一斉に報じた。米国が発動した既存の関税を一定程度引き下げるのと引き換えに、中国は米農産品の購入を大幅に増やす。制裁関税を緩和すれば、貿易戦争が本格化した昨年夏以降初めてで、局面を打開するきっかけにもなりそうだ。...

【目次へ】