2020年9月30日 (水)

《シドニー外為・株式》

  • シドニー外為(30日午前8時半)
  • 1米ドル=105円60~70銭  1豪ドル=75円30~40銭
  • S&P/ASX200指数(29日終値)
  • 5952.100(前日比0.200ポイント安)

《オセアニア》

  • 来月6日に日米豪印外相会合
  • 中国外務省、日米豪印外相会合を警戒=「第三国狙うな」
  • 豪政府、デジタル技術支援で8億豪ドル
  • 豪クイーンズランド州政府、銅加工施設に資金支援へ
  • 豪テルストラ、サイバー強化で1億米ドル投資
  • 豪サントス前会長:豪東部ガス開発の承認を=11年に買収
  • 豪でニコチン入り電子たばこ、処方箋で購入可能に=当局が方針決める
  • 英豪系リオ、パプア銅山の環境汚染で協議の用意
  • 豪、高級車市場に活気=海外旅行禁止の余波
  • 豪住宅市場、少なくとも2年間低迷=ロイターのアナリスト調査
  • ブーゲンビル自治州、新大統領が就任
  • 〔シドニー外為〕米ドルは105円台後半=豪ドルは75円台(30日午前8時半)
  • 〔シドニー株式〕小動き=鉱業、金融株が重し(29日)

《日本など》

  • NTT、ドコモ完全子会社化=4.3兆円で過去最大TOB―携帯値下げに前向き
  • ドコモ社長に井伊副社長=吉沢社長は取締役―12月1日
  • 全国平均3年ぶり下落=コロナで回復ブレーキ―基準地価
  • セメント事業、22年4月統合=宇部興産と三菱マテが最終契約
  • 日ロ、「2島先行」再確認=首相、領土問題「終止符を」―プーチン氏と初の電話会談

《ほっとライン》

  • 〔ほっとライン〕週2日は在宅勤務=新生銀行の工藤英之社長

《中国・香港・台湾》

  • 20年の中国成長率、2%に=東アジアは低迷―世銀見通し
  • デペロッパー76社、1年以内の満期債務償還は39兆円=中国
  • 中国人民銀、金融緩和見直しへ=ディスインフレは警戒
  • 中国の日系企業に標的型メール訓練サービス=サイバー攻撃増に対応-三井住友海上
  • 配信禁止「越権の可能性」=TikTok問題で米連邦地裁

《インドネシア》

  • 要人、セレモニーが感染源か=首長選キャンペーンも対策違反続出
  • 退職金規定、労働法を維持=雇用法案、国会と政府が合意
  • ニプロのカラワン工場で100人強感染=一時閉鎖

《シンガポール》

  • 地上で機内食はいかが=SIAが新サービス
  • シティバンクが富裕層取り組み強化=オーチャードに新施設
  • 銀行間送金「ペイナウ」、限度額引き上げ=利便性が向上

《その他アジア》

  • 日本支援事業中止を閣議決定=スリランカ親中政権

《北米》

  • 初の直接対決、情勢左右も=トランプ、バイデン氏がテレビ討論―米大統領選
  • 納税問題、討論会前に火種=バイデン陣営「富裕層の特権」批判―米大統領選
  • ディズニー、米従業員2万8000人削減=コロナが打撃
  • 仏LVMH、米ティファニーを逆提訴=買収撤回で泥仕合
  • 〔米指標予測〕9月の就業者数、85万人増か=失業率は8.2%予想
  • トルコと早期の対話再開を=米国務長官、ギリシャ首相と会談

《欧州など》

  • 英下院、「協定ほご法案」可決=貿易交渉で圧力―EU離脱
  • 貿易交渉、最後の全体会合=妥結へ期待と不安―英EU
  • EU金融機関、22年6月までロンドンの清算機関の利用可能
  • トルコ関与やアルメニア政変が伏線=ナゴルノカラバフ戦闘で専門家

《コラム》

  • 【世界穴場スポット】絶景広がる「翼の島」=英スコットランド

《マーケット情報》

  • 〔NY外為〕円、105円台後半(29日)
  • 〔ロンドン外為〕円、105円台後半(29日)
  • 円小幅安、105円台半ば=東京市場
  • 〔米株式〕NYダウ、4日ぶり反落=大統領選討論会控え売買交錯(29日)
  • 〔NY債券〕長期金利、横ばい=10年債利回りは0.65%(29日)
  • 〔NY金〕続伸=1900ドル台回復(29日)
  • 〔NY石油〕WTI、大幅反落(29日)
  • 東京長期債利回り・債券先物
  • 東京株式市況(29日)小幅に3日続伸=米株高を好感
  • 東証出来高・指数(29日、平均株価単位=円)

《人事・訃報》

  • 花王社長に長谷部専務=沢田氏は会長に
  • コメルツ銀、次期頭取にドイツ銀幹部を起用=1月に就任へ
  • 村山利雄氏死去(元日立造船社長)
  • クウェートのサバハ首長死去=91歳、親欧米堅持

《新聞各紙から》

  • 米主要紙見出し(29日)
  • 東京各紙朝刊(30日)