2019年12月13日 (金)

《シドニー外為・株式》

  • シドニー外為(13日午前8時半)
  • 1米ドル=109円30~40銭  1豪ドル=75円45~55銭
  • S&P/ASX200指数(12日終値)
  • 6708.800(前日比43.800ポイント安)

《オセアニア》

  • 豪、IT大手の市場乱用防止で行動規範策定へ=規制当局が関係会社と
  • 豪ウエストパック銀の取締役解任案を否決=年次株主総会
  • 豪政府への信頼「過去最低」=国民の4人に1人、国立大が調査
  • 英カナリー・ワーフ物件1億ポンドで売却=海航集団系CWT-中国
  • 松山組、米国ペア破る=ゴルフのプレジデンツ杯開幕―豪メルボルン
  • サーフィンは仏領タヒチ開催へ=24年パリ五輪
  • 〔シドニー外為〕米ドルは109円台前半=豪ドルは75円台(13日午前8時半)
  • 〔シドニー株式〕反落=ウエストパック銀に売り(12日)

《日本など》

  • 成長へ投資、5G優遇=未婚ひとり親支援も―20年度税制改正大綱決定・与党
  • JDI、最大900億円調達=いちごアセットと来月契約―資金繰り不安後退
  • 三菱重工、長崎の造船所売却検討=香焼工場、創業の地で
  • 西鉄と三菱商、シカゴで物流倉庫事業
  • 事業承継、ネットで仲介=中小の後継者難、支援強化―三井住友FG社長
  • 日印物品協定、実質合意へ=「準同盟」視野に連携強化―安倍首相がインド訪問
  • 累損3官民ファンドに1100億円=農水向けは認めず―20年度財投計画
  • 目標引き上げ機運低調=若者らが抗議―温暖化対策
  • 今年の漢字「令」=新元号を反映―京都・清水寺

《中国・香港・台湾》

  • 米政権、中国と貿易協議で原則合意=ロイター
  • 中国、景気下支えへ全力=来年の経済方針固まる
  • 「無印」、タオルに使えず=商標訴訟で良品計画敗訴
  • 三洋化成、中国で化粧品販売=来春から
  • あおぞら銀、中国投資銀と業務提携=顧客企業のM&A支援

《インドネシア》

  • 国内最長の高架高速道、大統領が開通発表=供用開始は数日後-渋滞緩和に期待
  • いすゞ軽量トラック「トラガ」輸出開始=初年は比6000台、3年で20カ国へ
  • 日韓の数社、EV用リチウム電池事業に関心=産業相

《シンガポール》

  • 偽ニュース防止法、言論の自由脅かさず=政府が批判に反論
  • NTUC、電動アシスト自転車の訓練コース=Eスクーター禁止で宅配人向けに
  • IATA、アジアの航空業界利益見通し下方修正

《その他アジア》

  • スー・チー氏、審理取りやめ要求=ロヒンギャ迫害―国際司法裁
  • 北朝鮮、「挑発行為」と反発=安保理での米主張に

《北米》

  • NY株続伸、220ドル高=米中協議の進展期待で
  • 米FRB、年末の短期金利急騰を警戒=銀行規制、見直し焦点に
  • 米FRB、景気軟着陸へ試練=貿易摩擦、大統領選で波乱も
  • 米国での買収、今後も追求=赤塚・野村HD執行役員
  • 米与野党、歳出法案で原則合意=政府閉鎖回避の可能性―報道
  • 米下院委、13日にも弾劾可決=与野党の攻防激化―ウクライナ疑惑

《欧州など》

  • 保守党、大勝の勢い=過半数で来月EU離脱へ―出口調査・英総選挙
  • 英経済、EU離脱で低迷=不透明感払拭に期待も
  • 英選挙後の対応協議=首脳会議が開幕、新体制初―EU
  • 欧州中銀、政策再評価を1月にも開始=ラガルド新総裁初の理事会☆差替

《コラム》

  • 【政治を読む】中曽根氏のリアリズム 時事通信解説委員 山田惠資

《マーケット情報》

  • 〔NY外為〕円、109円台前半(12日)
  • 〔ロンドン外為〕円、109円台前半(12日)
  • 円相場、108円63~63銭=12日午後5時現在-東京市場
  • 〔米株式〕NYダウ続伸、220ドル高=米中協議進展期待で(12日)
  • 〔NY債券〕長期金利、大幅上昇=10年債利回りは1.89%(12日)
  • 〔NY金〕3日ぶり反落(12日)
  • 〔NY石油〕WTI、反発(12日)
  • 東京長期債利回り・債券先物
  • 東京株式市況(12日)3日ぶり反発=半導体株が買われる
  • 東証出来高・指数(12日、平均株価単位=円)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(13日)