バンコク版

2022年8月15日 (月)

7月の消費者信頼感指数、2カ月連続上昇=規制緩和で経済回復

 【バンコク時事】タイ商工会議所大学経済研究所は11日、7月の消費者信頼感指数が前月の41.6から42.4に上昇し、2カ月連続で前月を上回ったと発表した。楽観・悲観の分かれ目とされる100を大きく下回っている。6カ月後の指数は前月の48.3から49.3に改善した。

 同研究所は指数上昇について、新型コロナウイルスの行動規制や入国規制の緩和で経済が回復しつつあることに加え、ガソリン価格が前月から低下したことが要因だと指摘した。ただ、燃料小売価格が高止まりしていることやインフレ加速、金利上昇への懸念が高まっているため、指数が依然として低い水準で推移している。

 算出要素別では、経済情勢に関する指数が36.4(前月35.7)、雇用機会が39.8(39.2)、将来の所得が50.8(49.8)と、いずれも前月から上昇した。

7月のビジネス信頼感指数、2カ月連続前月上回る=入国規制緩和などで

 【バンコク時事】タイ商工会議所大学経済研究所は11日、7月のビジネス信頼感指数が37.9ポイントと、前月の36.3ポイントから上昇し、2カ月連続で前月を上回ったと発表した。入国規制「タイランドパス」の撤廃やパブ、バー、カラオケ店、ナイトクラブなど娯楽施設の営業再開、ガソリン価格の低下、好調な輸出、一部主要農産品の価格上昇などが指数上昇の要因。

 しかし、ウクライナ危機やエネルギー価格高騰に伴う生産コストの上昇、バーツ相場の変動などがマイナス要因となった。指数は楽観・悲観の分かれ目とされる50を下回っている。6カ月後の指数は前月の37.1ポイントから39.1ポイントに改善し、4カ月連続の上昇となった。

 いずれの地域も指数が前月を上回り、全国最低だった南部は34.3ポイントから35.9ポイントに上がった。南部は観光客に依存するサービス業が多く、新型コロナ流行前に比べて旅行者が依然として少なく、指数が低い水準で推移している。指数が最も高かった東部は41.5ポイントで、前月の40.0ポイントから上昇した。

習氏、バイデン氏と会談計画か=11月に東南ア訪問―米報道

 【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは12日、中国の習近平国家主席が11月に東南アジアを訪問し、バイデン米大統領との対面会談を計画していると報じた。複数の関係者の話として伝えた。実現すれば、昨年1月のバイデン政権発足以降、米中首脳による初の対面会談となる。

 11月には、インドネシアのバリ島で20カ国・地域首脳会議(G20サミット)、タイの首都バンコクでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれる。いずれかの会議に合わせ、米中首脳会談が行われる可能性があるという。 

 中国外務省は同紙に「議長国のインドネシアとタイを支持する」と述べた。 一方、米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は12日、「(首脳会談の)日程と場所の詳細は持ち合わせていない」と記者団に説明した。

 米中関係をめぐっては、ペロシ米下院議長の訪台に中国側が猛反発。大規模な軍事演習を行い、米中両軍の対話準備や気候変動問題に関する協議の中断などの対抗措置を発表した。キャンベル氏は「対話再開を求める」と訴えている。

 習氏は、秋の共産党大会で3期目入りを目指しており、外遊は党大会後に行われる見通し。米中首脳は7月に電話会談し、対話継続で一致。両首脳は対面会談の開催に向け調整を進めるよう事務方に指示していた。

ミャンマー民主派へ関与を=ASEANに促す―マレーシア外相

 【バンコク時事】ミャンマーでクーデターを起こし、権力を握った国軍に批判的な発言を続けるマレーシアのサイフディン外相が10日、訪問先のバンコクで記者団の取材に応じ、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国は国軍だけでなく、民主派とも関わるべきだと訴えた。また、ASEANのミャンマー担当特使の任期を限定せず、正常化の実現に向け、時間をかけて取り組むべきだとの認識を示した。

 サイフディン氏は、民主派が国軍に対抗して立ち上げた「国民統一政府」の外相を務めるジンマーアウン氏と会談するなど、民主派と深く関わっている。外相は「ASEANは軍事政権としかやりとりしていない。国民はASEANに関心を持たれていないと話している」と指摘。 「ASEANは国民を支援すべきだ。だからこそ、国民の代表である国民統一政府への関与が重要だ」と力説した。

 ミャンマーの各勢力を仲介するASEAN特使は、ASEAN議長に任命される形になっており、昨年はブルネイのエルワン第2外相、今年はカンボジアのプラク・ソコン外相と議長国の外相が務めている。

 サイフディン氏は、エルワン氏もプラク・ソコン氏も「最善を尽くして任務を遂行した」と評価しながらも、簡単に扱える問題ではないと強調。「特使は外相である必要はない。外相でなければ任務に集中できる」と語り、同一人物が長期にわたって務めるのが望ましいとの見解を表明した。エルワン氏は特使としてミャンマーを訪問できず、プラク・ソコン氏はこれまで2回訪れたものの、国軍が拘束しているアウンサンスーチー氏ら民主派要人とは面会できていない。

 一方、サイフディン氏は、ASEANだけで問題を解決できない場合、域外国の協力を仰ぐべきだという意見が出ていることを明らかにした。具体的な域外国の国名は示さず、ASEANの対話国・地域とだけ語った。現在の対話国・地域は日米中ロなど11カ国・地域。

前スリランカ大統領、タイ到着

 【バンコク時事】スリランカから国外逃亡したラジャパクサ前大統領が11日夜、タイのバンコクにチャーター機で到着した。ラジャパクサ氏は経済危機に伴う抗議デモの激化を受け、7月13日にスリランカを脱出し、シンガポールに滞在していた。 

 タイ政府は「政治亡命は求めていない。次の渡航先に向かうまでの一時的な滞在だ」と説明している。ラジャパクサ氏は外交旅券を所持しており、タイにビザなしで最大90日間滞在できるという。

《トップニュース》

《産業》

  • FTI、10月の最低賃金引き上げに反対=中銀利上げや電気料金高で
  • エリート・ヘイブンズ、ニセコなどで宿泊施設追加=旅行需要回復に対応
  • バンコク航空、上半期の赤字幅縮小=新型コロナの規制緩和で大幅増収
  • プーケット観光産業、インドとオーストラリアからの直行便が支え
  • アクセンチュア、バンコクにIOC開設=業務のデジタル化を支援
  • 通信NT、12月に5Gサービス開始=700メガヘルツ周波数帯で
  • 複合施設、「アイコンサイアム」向かいに建設=年内に開業予定
  • 不動産CPN、第2四半期は増収増益=商業施設事業がけん引
  • 物流ワイス、1〜6月期は増収増益確保=輸送量の上昇が貢献
  • STA、第2四半期は減収減益=ゴム手袋の価格低下で
  • 宅配ケリー、第2四半期は赤字継続=営業日減やコスト増で
  • タイ・ビバ、ビール部門の独立上場また延期=市場環境考慮―シンガポール
  • のり菓子TKN、上半期の業績が好調=下半期は新商品発売推進
  • 医療機器TM、新たな子会社「TMトレーディング」設立
  • ケッペル、独沖合風力発電に出資へ=420億円―シンガポール
  • Xスプリング、KTCと新カード発行へ=融資目標を50億〜70億バーツに

《経済》

  • 住宅銀と輸銀、貸出金利を当面据え置き=中銀の利上げ受け
  • 財務相「財政・金融政策を正常化する好機」=過去2年はコロナの異例措置
  • 【タイ日系企業進出最前線】39件に促進権付与=6月20日のBOI事務局レベル会議
  • 〔アジア外為〕まちまち=ルピアは2カ月ぶり高値(12日)
  • 〔東南アジア株式〕まちまち=バンコクは休場(12日)

《政治・社会》

  • 31億円ブランド品詐欺の夫婦逮捕=潜伏先のマレーシアで―シンガポール
  • タイの新たなコロナ感染者1773人=死者30人増

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • ミャンマー軍トップと会談=渡辺元復興相
  • ロヒンギャ難民と面会へ=国連人権弁務官
  • 「ガソリン輸入を制限」軍評議会トップ=価格が高騰―ミャンマー
  • 市民防衛隊が天然ガスパイプラインを破壊=タニンダーリ管区―ミャンマー
  • 投資・対外経済関係省の副大臣が選挙管理委員に―ミャンマー

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・東京だより】夏休み
  • 【Thailand Market Insight】第734回 タイ中銀、約4年ぶりに0.25%の利上げを決定 三井住友銀行 アジア・大洋州トレジャリー部(バンコク駐在)金田成弘

《自動車》

  • EV、中韓の攻勢続く=日系も一部で出展―国際オートショー開幕・インドネシア
  • 中国新車販売、29.7%増=政府支援策が寄与―7月

《ASEAN・インド》

  • インバウンド観光、持ち直し動き鈍い=国内観光は順調に回復―ベトナム
  • 4〜6月期のマレーシアGDP、前年比8.9%増=下半期も回復継続の見通し
  • 4〜6月期GDP、前期上回る4.4%増=通年予測は3〜4%増に改定―貿易産業省・シンガポール
  • グラブが新本社、3000人勤務へ=中小企業のオンライン事業支援―シンガポール
  • ナイトサファリでウルトラマン活躍=10月までイベント―シンガポール
  • 「インドのバフェット」死去=富豪ジュンジュンワラ氏
  • 中国軍船の入港許可=米印懸念も圧力に抗しきれず―スリランカ

《日本・世界》

  • 小麦価格、据え置き検討=岸田首相、物価高対策で指示へ

《人事・訃報》

  • auカブコム証社長、二宮会長が兼務=石月社長はauじぶん銀社長に
  • ペッパーフードサービス社長辞任=「いきなり!ステーキ」展開、業績不振で

《マーケット情報》

  • アジア主要市場の株価指数(12日、カッコ内は前営業日比)

《ASEAN・経済資料》

  • 「非鉄マンスリーリポート」(22年7月)エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役 江守 哲 「急落からの反転の動きが続くか」

《東京各紙朝刊》

  • 15日の朝刊(都内最終版)