2020年4月9日 (木)

《トップニュース》

《産業》

  • 殺菌用アルコールの供給不足続く=エタノール生産者への規制緩和などでも
  • 建機の加藤製作所、タイ工場は生産継続=イタリアは休止中
  • 女性下着サビナ、マスクを新規事業に=ナノ繊維使用でシリラート病院に供給
  • 動画アプリ「ティックトック」、利用者層を拡大=マーケティングの有効な手段に
  • 不動産運営プラス・プロパティー、外出自粛中の入居者向け生活支援サービス
  • 上場DEMCO、東北3県の変電所工事受注
  • TPIPP、130億バーツの売上高目標を維持=発電所の買収進める

《経済》

  • 農協銀、今年度の新規融資目標を修正へ=新型コロナの影響受け
  • 〔アジア外為〕大半が下落=新型コロナ懸念が再燃(8日)
  • 〔東南アジア株式〕大半が下落(8日)

《政治・社会》

  • 外国人ビザ、月末まで自動延長=居住報告も免除
  • パタヤを封鎖

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • 兼松エレクトロニクス、HPTベトナムと業務提携=日系企業向けITサービスを強化

《コラム・リポート》

  • 【読者リレーエッセー・マレーシア】愛すべきマレーシア LINTEC KUALA LUMPUR 社長 坂井利行
  • 【ニューヨーク・リポート】「戦時大統領」、米GMを標的に=新型コロナで人工呼吸器の生産命令 ニューヨーク総局 長澤大

《自動車》

  • 日産、栃木で一時帰休検討=マツダは国内2工場で―新型コロナ
  • トヨタ、北米工場の休止延長=生産再開は5月4日―新型コロナ
  • ホンダ、ブラジルでの自動二輪生産休止を19日まで延長
  • 1~3月期のベンツ世界販売15%減少=中韓の販社再開―ダイムラー

《ASEAN・インド》

  • インドネシア、過去最大43億ドルのグローバル債発行=新型コロナ対応で
  • インドネシア国営ガルーダ航空、日本路線の一部運休追加
  • 欧州系企業の景況感、過去最低に低下=9割超が新型コロナで悪影響―在ベトナム商工会議所
  • 新型コロナ偽情報の取り締まり強化=ハノイ市警察―ベトナム
  • 日本企業のアジア人内定者向けに合宿=就職支援会社が年2回マレーシア工科大で
  • エアアジア、5カ月以内に資金枯渇か=CGS-CIMB調査部門-マレーシア
  • シンガポール通貨庁、銀行向け規制を緩和=融資継続促す

《ほっとライン》

  • 〔ほっとライン〕受注反転は最低3カ月先=日本工作機械工業会の飯村幸生会長

《日本・世界》

  • 安倍首相、金融機関に協力要請=7都府県と休業の是非協議―緊急事態受け調整本格化
  • 3月の街角景気、過去最悪=リーマン後下回る
  • 中国、初の世界首位=19年の国際特許出願件数
  • 住商、純利益1000億円下振れ=原油急落が影響―20年3月期予想
  • 東京株、一時500円高=「宣言」の混乱なく不安後退
  • 欧州、一部で制限緩和へ=新型コロナ対策、イースター明けに
  • NY株、779ドル高=新型コロナの感染ペース鈍化に期待
  • 今年の世界貿易、32%減=大恐慌時と比肩も―WTO
  • 新型コロナ再拡大に懸念=楽観ムード戒め―武漢封鎖解除・中国

《人事・訃報》

  • 信託協会、新会長に梅田みずほ信託社長=専門性発揮しニーズに対応
  • 中医協新会長に小塩氏
  • 井手明彦氏死去(元三菱マテリアル社長)

《マーケット情報》

  • アジア主要市場の株価指数(8日、カッコ内は前営業日比)
  • 米国市場サマリー(8日)

《東京各紙朝刊》

  • 9日の朝刊(都内最終版)

《トップニュース》

経済3団体、GDP予測の修正先送り=経済対策の効果見極め

 【バンコク時事】タイの商工会議所、工業連盟、銀行協会の民間経済3団体で構成する商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は8日の会合で、2020年の国内総生産(GDP)成長率予測の修正を先送りすることを決めた。...

【目次へ】