香港版

2022年6月30日 (木)

隔離措置、ホテル5日自宅2日間に短縮か=次期医務衛生局長―香港

 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)が28日伝えたところによると、香港政府は入境時に義務付けている7日間のホテルでの隔離措置について、ホテルで5日間、自宅で2日間に緩和することを検討している。

 次期医務衛生局長で香港大学深セン病院長の盧寵茂教授は、中国本土が海外からの入境者の隔離期間を短縮した28日、香港が新型コロナウイルス対策を緩和する可能性があることを明らかにした。

 一部の専門家や政治家は「中国政府の動きは香港の新型コロナ政策に影響を与える」と指摘。「科学的根拠とデータに裏付けされた変更であれば緩和の余地がある」との見方を示した。

 7月1日に医務衛生局長に就任する盧教授は「隔離期間を短縮するためのさまざまな選択肢を検討してきた」と述べた上で、「ホテルで5日間と自宅2日間の選択肢が有力」と話した。 盧教授は「就任まで数日あるので現政権の政策を覆したくない。新措置に関する発表は就任後になる」と述べた。(香港時事)

本土とのETF相互取引、来月4日スタート=香港

 中国証券監督管理委員会(CSRC)と香港証券・先物事務監察委員会(SFC)は28日、上場投資信託(ETF)の中国本土と香港間の相互取引「ETF通」を来月4日に開始すると発表した。同日の日刊紙・香港経済日報が伝えた。

 中国本土から香港発行のETFに投資できる「港股通」には、盈富基金(トラッカーファンド)、恒生中国企業、南方恒生科技、安碩恒生科技の4銘柄が含まれる。

 香港から本土発行のETFに投資できる「北向通」には83種類のETFが含まれ、うち上海向けが53、深センが30銘柄。

 SFCのアルダー最高経営責任者(CEO)は「ETF通は相互取引制度が株式以外に拡大された初めてのケース。ETFハブとしての香港の発展を促進し、国際資本と中国本土市場を結ぶ香港の独特な役割を強調するマイルストーンになる」と期待を示した。(香港時事)

23年の香港住宅価格、最大15%下落=金利上昇で―BofA予測

 米BofAセキュリティーズは最新リポートで、2023年の香港住宅価格について、10〜15%低下すると予測した。「金利上昇が逆風になる」とした上で、これまでの予測の横ばい〜5%上昇から大幅に下方修正した。香港紙、信報(電子版)が29日伝えた。

 一方で、今年通年の住宅価格予測はこれまでの5〜10%低下から、5%低下に修正した。

 リポートは「住宅の値ごろ感と賃貸利回りが回復するには累計で15〜20%の調整が必要」と指摘。「住宅価格が20%近く下落し2016、17年の水準に戻ってはじめて政府は緩和策を講じ始める」との見方を示した。

 BofAは、ネガティブ・エクイティが増加するが、住宅ローン全体に占める割合は2〜3%程度になると予測。リスクは管理可能とみている。(香港時事)

習主席、30日香港入り=地元報道

 【香港時事】香港メディアは29日、英国から中国への香港返還25周年を前に、習近平国家主席と夫人の彭麗媛氏が30日に香港を訪れると報じた。習氏が中国本土から外に出るのは2年半ぶりだ。

 報道によると、習氏は30日に高速鉄道で香港入りし、関連行事に参加するが、同日中に広東省側に戻る。翌7月1日の返還記念日当日に再び香港を訪れ、記念式典や行政長官就任式に出席する見通しだ。5年ごとの節目の年には過去にも国家主席が香港入りしてきたが、いずれも空路で、2018年に全線開通した高速鉄道で入境するのは習氏が初となる。 

 香港は連日約2000人の新型コロナウイルス感染者が出ており、香港政府の高官らは事前のホテル隔離を経て式典に臨む。香港島の式典会場に続く道は封鎖され、一帯は厳戒態勢となっている。

《トップニュース》

《香港・華南》

  • 5月住宅価格指数0.34%低下=米利上げに警戒感―香港
  • MPF利回り、1人7773ドル赤字=年初から13%マイナス―香港
  • テンセント、XR事業部設立=馬CEO「情熱プロジェクト」
  • テンセント、3億香港ドル分の自社株買い=2カ月ぶり―広東省
  • 深セン企業の香港投資400億ドル超え=広東省
  • 深セン市、ドローンなど飛行禁止に=来月3日まで―広東省
  • 中国恒大、清算申し立てに強く反対

《中国経済》

  • 1〜5月の国有企業利益、6.5%減に悪化=新型コロナ感染が影響
  • 上海、7月から博物館など開放=飲食店は客でにぎわう
  • 米制裁に「断固反対」
  • 20兆円産業四つ以上育成=北京市トップ、目標達成に自信
  • 中国船舶と中国船舶重工がIT新会社=AI向けなどソフトウエア開発
  • 東安動力、江淮汽車と提携強化=パワトレなど受注拡大目指す
  • 湖北省十堰市でNEV生産急増=日産出資eGTの受注好調
  • 国家管網の天津LNG基地、6・8号タンクが7月完成へ
  • 天津の無人機工場、近く生産開始=年産規模4億元
  • 河北省承徳で「キノコ産業発展会議」=276億円規模の契約も
  • 恒力石化、新工場建設地を江蘇昆山から南通に変更=機能性PETフィルム大規模生産
  • 青島にリハビリ分野の起業支援施設=大学開校に合わせ
  • 成都・重慶共同の重点建設=今年1〜5月に151件着工
  • 四川・達州鋼鉄が移転工事着手=エコ化し事業拡大
  • 四川省が地方債12億元発行=商業銀行で販売開始
  • 湖北省の宅配荷物、1〜5月に大幅増=コロナでEC需要が増加
  • 五鉱信託の理財商品問題、法廷で審理へ=青海省
  • 湖北省が観光キャンペーン=航空券は最大8割引き
  • 経済でも「中国離れ」へ=欧州で原発、軍事輸出目指す―韓国
  • 半導体イナリ、中国で後工程の請負製造事業=合弁会社に2.8億リンギ注入―マレーシア
  • ASEAN営業・マーケティング本部設立へ=中国家電大手スカイワース―タイ

《中国一般》

  • ゼロコロナ「あと5年」に騒然=市トップ発言めぐり混乱―北京
  • ゼロコロナ「経済的で有効」=習氏、武漢を視察
  • G7首脳声明に反発
  • 遼寧各地で大雨、ダム11カ所放流=6752人が避難
  • 北京で新卒向け公共賃貸住宅=最低家賃4万円
  • 習主席への信頼感、バイデン大統領上回る=シンガポールとマレーシア―世論調査
  • 中国の王毅外相がミャンマー訪問へ
  • 中国、東シナ海でまた掘削施設=ガス田開発、日本政府が抗議

《上海・華東》

  • 東方航空、浦東新区に物流センター=上海市
  • 東風科技、14億元調達へ=EV向け部品強化−上海市
  • 招商輪船、石油タンカー2隻を追加建造=上海市
  • 宿州市泗県、コロナで封鎖=感染者30人超に―安徽省
  • 車載電池の国軒高科、欧州工場を建設=23年稼働−安徽省
  • 金辰機械、蘇州工場に4億元=華東市場強化
  • 五洋停車、テスラと充電施設で提携=江蘇省

《台湾》

  • 企業番付トップ5000社、21年諸指標平均が過去最高=売上高、純利益など
  • 米テキサスの新工場「生産キャパ8割超が予約済み」=環球晶円トップ

《自動車》

  • 5月の日本国内生産、16%減=上海封鎖響く―車大手8社

《韓国・北朝鮮》

  • 金浦―羽田便が再開=2年3カ月ぶり
  • 元徴用工、基金案検討か=日本側は自発的参加―韓国

《その他アジア》

  • 上期の外国人客、6.8倍に急増=3月中旬からの受け入れ本格再開で―ベトナム

《Japan/World Today》

  • 日米韓、安保協力を推進=インド太平洋の抑止力強化―3カ国首脳会談
  • 北欧2国加盟に合意=新戦略策定―NATO首脳会議

《人事・訃報》

  • 大王製紙、佐光会長が退任=総会直前、再任案を撤回
  • 永原功氏死去(元北陸電力社長)

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2022年6月29日
  • 米国市場サマリー(29日)
  • 〔香港外為〕ドル、午後3時現在135円92〜97銭(29日)
  • 〔上海外為〕人民元、上昇=隔離期間短縮で景気回復に期待(29日)
  • 〔中国・香港株式〕大幅反落=米株安や地政学的緊張が重し(29日)
  • 〔台湾株式〕続落(29日)
  • 〔東南アジア株式〕軒並み下落=米景況感悪化で(29日)
  • アジア主要市場の株価指数(29日、カッコ内は前営業日比)
  • 東証出来高・指数(29日、平均株価単位=円)
  • 上海メタル(29日)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(30日)

《お知らせ》

  • ■■■ 休刊のお知らせ ■■■