2019年12月13日 (金)

《トップニュース》

《経済》

  • 世銀、19年のインドネシア成長率を5%と予想=四半期報告書
  • 日韓の数社、EV用リチウム電池事業に関心=産業相
  • 石炭の国内供給義務、20年は1.55億トンへの拡大決定=エネルギー省
  • 郵送品の関税免除価格、引き下げ検討=財務省
  • クレジットカード取引額、1~10月期は4.4%増=中銀
  • 〔東南アジア株式〕大半が上昇=米金利据え置き受け(12日)

《産業》

  • バンコク銀、インドネシア・プルマタ銀行の買収を発表=89%の株式取得
  • BCA銀、オランダ金融大手ラボバンクのインドネシア法人買収=3970億ルピアで
  • 国営マンディリ銀、東南アジア3カ国に進出へ
  • 生保の収入保険料、1~9月は前年比2%増=業界団体
  • ベビー用紙おむつのソフテックス、チカランに新工場建設
  • 首都空港、年末年始はフル稼働へ=毎時114回の発着可能-国営管理会社

《社会》

  • 小・中・高校の卒業試験、21年から廃止=ナディム教育相

《コラム・リポート》

  • 【食彩ASIA】気軽に飲める伝統薬=インドネシア
  • 【ほっとたいむ】「インドミー」、世界一おいしい即席麺に=米紙
  • 【政治を読む】中曽根氏のリアリズム 時事通信解説委員 山田惠資

《シンガポール》

  • IATA、アジアの航空業界利益見通し下方修正
  • ONE、ニューヨーク海運取引所の契約サービスに参加へ
  • LPG供給、20年も潤沢か=買い手市場継続見通し
  • GIC、米RPTと合弁設立=現地商業施設の買収準備

《中国・香港・台湾》

  • 米当局、15日の対中関税中止提案=発動済み分も最大半減―WSJ紙
  • 中国、景気下支えへ全力=来年の経済方針固まる
  • 米政権、中国と貿易協議で原則合意=ロイター

《マレーシア》

  • 20年以降の投資貿易目標の議論スタート=APECの非公式実務者会合で
  • RHB銀、トウキョウ・マリン・アジアへの株式売却交渉を中止
  • イスラム金融BIMBホールディングスが事業再編=傘下銀行に上場ステータス移転へ
  • 世界のリーダーに「正直さ」を=オバマ前米大統領夫人

《タイ》

  • 来年は25%増収の16億バーツ=レストラン・食品のGLOCON
  • 病院運営BDMS、保険診療の患者向け環境整備に注力
  • 建設TRC、IoTで合弁会社=X Senceと折半出資
  • 上場EA、再生エネのTFテックに出資

《その他アジア》

  • ズン投資相、具体的な行動期待=日本はPPP法案など対応求める―日越イニシアチブ
  • 産業機械のデンヨー、ベトナムに販売子会社=来年1月設立―製販一体で事業拡大狙う
  • ベトジェットエア、インド・ニューデリー行き2路線開設=タイ
  • スー・チー氏、審理取りやめ要求=ロヒンギャ迫害―国際司法裁

《オセアニア》

  • 豪、IT大手の市場乱用防止で行動規範策定へ=規制当局が関係会社と
  • 豪ウエストパック銀の取締役解任案を否決=年次株主総会
  • 豪政府への信頼「過去最低」=国民の4人に1人、国立大が調査

《自動車・二輪》

  • 自動車販売で目立つ大幅値下げ=供給過剰が背景-ベトナム
  • 通信基盤、トヨタと共通化=「つながる車」開発急ぐ―スバル社長
  • 11月の中国乗用車販売、首位は日産シルフィ=トップ3、前月と変わらず
  • ボルボ、ポールスターEVの量産準備モデル生産開始=中国
  • ゴゴロ陣営、二輪車販売で実質トップ=11月-台湾

《Japan/World Today》

  • 成長へ投資、5G優遇=未婚ひとり親支援も―20年度税制改正大綱決定・与党
  • 三菱重工、長崎の造船所売却検討=香焼工場、創業の地で
  • 大塚家具、ヤマダ電機傘下に=久美子社長は続投
  • EU離脱の保守党、過半数の勢い=出口調査

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2019年12月12日
  • アジア主要市場の株価指数(12日、カッコ内は前営業日比)
  • 三菱UFJ銀行直物為替公表建値 12/12
  • 上海メタル(12日)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(13日)

《トップニュース》

国内最長の高架高速道、大統領が開通発表=供用開始は数日後-渋滞緩和に期待

 【ジャカルタ=時事】インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は12日、首都ジャカルタ-西ジャワ州チカンペック高速道路(通称ジャペック、全長83キロ)の一部区間で建設した国内最長の高架高速道路の開通を発表した。一般向けの供用開始は数日後からとなる。供用開始後は交通が上下に分散されるため、近年慢性化していたジャカルタ-チカンペック高速道の渋滞緩和が期待される。...

【目次へ】