2019年8月19日 (月)

《中国トップニュース》

《上海・華東》

  • 7月の輸出、過去最高=浙江省
  • 上海家化、上期は40%増益=スキンケア販売増で
  • 上海市系の緑地控股、瀋陽でのインフラ建設などに4535億円投入へ

《青島・山東省》

  • 青島の新築住宅、7月は前月比0.7%値上がり
  • 危険化学品の警報システム、山東省で10月稼働
  • 聯誠精密、自動車部品強化=工場増設に1.9億元-山東省

《四川・中西部》

  • 東風集団の1~7月販売台数、乗用車7.8%減
  • 小康工業1~6月は赤字=販売減少とNEV開発が利益圧縮
  • 中汽研の湖北省・武漢の拠点がNEV品質検査業務
  • 成都の国際鉄道コンテナ、前年同期比13%増
  • 陝西煤業、石炭物流で瑞茂通と提携=上期は24%増収

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・ハノイだより】脱プラごみ
  • 【アジア進出インタビュー】第296回〔ASEAN〕「観光誘致効果を企業の海外進出に」田邊弘一・北海道国際経済室長

《中国・経済》

  • 香港で再び大規模デモ=「170万人」参加
  • トランプ氏、アップルCEOと会談=米中貿易めぐり意見交換か
  • 中国、10~12月期の大豆輸入は南米産で=シンクタンク・アナリスト
  • 米中摩擦、多国間枠組みで対処を=スタンフォード大研究所長に聞く
  • 長城汽車、上海に開発拠点=燃料電池車など強化
  • 天津大型国有企業の泰達控股、1~6月利益は59.8%増
  • 天津市、社会保険料率引き下げで企業負担減=今年は計1163億円
  • 長春市の新築住宅価格、7月に前年同月比9.4%上昇

《中国・一般》

  • 中朝軍高官、関係強化で一致=非核化も意見交換か
  • 日中韓、21日に外相会談=「日韓」も調整

《華南》

  • 中国平安保険の1~6月期、68%増益=馬会長「フィンテックが後押し」
  • 華為、露研究開発部門の人員を4倍に
  • 深セン市、「坪山BYD安全訓練教育拠点」建設へ=VR活用-広東省
  • 動画配信の迅雷、4~6月期純損失は200万ドルに縮小=広東省
  • 科達利、電池部品増産へ=CATLに納入-広東省
  • 翔鷺、超硬合金など強化=CB発行で資金調達-広東省
  • 中国10大都市の優秀人材給与、深センが3位=広州は4位
  • 米フェデックスの小包から拳銃=警察が捜査-中国福建省

《香港》

  • 4~6月期の香港GDP、前年同期比0.5%増=貿易鈍化続く
  • 香港キャセイCEOが辞任=職員デモ参加で引責か
  • 香港デモ「輸出に影響なし」=食品見本市で吉川農水相
  • トリドール海外事業、29.6%増益=4~6月期
  • 香港エクスプレス、高松直行便を週5に増便=10月末から
  • ウエルネス国際会議、開催地を香港からシンガポールに変更=デモを懸念
  • 香港への渡航延期勧告=デモ、一段と予測不能に-シンガポール
  • 高層ビル登り「平和の旗」掲揚=仏のスパイダーマン
  • 日本産ウイスキーに1億円=香港で競売、人気証明

《自動車》

  • EVの国産化率、四輪は当初35%に=開発推進の大統領規定-インドネシア
  • ホンダ四輪、7月販売は1万3894台=前月比84%増-インドネシア
  • 7月の二輪車販売、前年比3%減=自動車は48%の大幅増-ホンダ・ベトナム
  • VWグループ世界販売、7月は2.4%減の88万台=欧州の落ち込み響く

《台湾》

  • Uターン投資優遇、上銀科技など新たに5件承認
  • 20年度予算案、歳出歳入が均衡=約2.1兆台湾ドル

《その他アジア》

  • 正恩氏、再び「新兵器」視察=先端兵器開発「奇跡的な勝利」-北朝鮮
  • 日韓「協力の道進める」=金大中氏死去10年-文大統領
  • 廃プラなど輸入検査強化=日本にまた対抗措置か-韓国
  • カリマンタン島に首都移転=ジョコ大統領が表明-インドネシア

《Japan/World Today》

  • 仏ロ首脳、19日に会談=サミット直前、トランプ政権意識か
  • 東欧経済、好調続く=内需主導で、西欧低迷尻目に

《人事・訃報》

  • 駐英公使に中村氏=森友問題で中核的役割
  • 池田欣一氏死去=福井で拉致被害者救出活動
  • 瀧本哲史氏死去=投資家、京都大客員准教授
  • 米俳優のピーター・フォンダ氏死去、79歳=「イージー・ライダー」出演

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2019年8月16日
  • アジア主要市場の株価指数(16日、カッコ内は前営業日比)
  • 東証出来高・指数(16日、平均株価単位=円)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(19日)

《お知らせ》

  • 休載のお知らせ

《中国トップニュース》

米、ファーウェイ緩和延長も=スマホ保守など3カ月容認-報道

 【ワシントン時事】ロイター通信は16日、米商務省が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に対して5月から実施している制裁について、スマートフォンの保守などに関わる取引に限定した緩和措置を延長する見通しだと報じた。この措置は今月19日に期限が切れるが、さらに3カ月延ばす可能性があるという。...

【目次へ】