2019年8月19日 (月)

《シンガポール》

  • 7月の石油除く輸出、5カ月連続でマイナス=対日本、香港が大幅減
  • 19年上半期の商業用不動産投資、アジア太平洋は6%増=シンガポールは都市別9位-JLL調査
  • 香港への渡航延期勧告=デモ、一段と予測不能に
  • エクソン、LNG燃料のバンカータンカーを用船=シナンジュから
  • 都内の営業戦略、共同策定=シンガポールに支店も-千葉・横浜銀頭取
  • シスターズアイランズ公園、世界的海洋保護区域「ホープスポット」申請へ=シンガポール初
  • コンフォートデルグロ最高財務責任者、9月退任=16年間在職
  • アジア太平洋、消費者は金融サービスデジタル化に先進的=フォレスター報告
  • 死亡男性、長時間放置の弁当摂取か=昨年の「スパイズ」弁当集団食中毒
  • ウエルネス国際会議、開催地を香港からシンガポールに変更=デモを懸念
  • 〔アジア外為〕総じて小幅高=週間では下落(16日)
  • 〔東南アジア株式〕バンコクが上昇=景気刺激策の発表で(16日)
  • シンガポール週間予定(19~25日)

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・ハノイだより】脱プラごみ
  • 【アジア進出インタビュー】第296回〔ASEAN〕「観光誘致効果を企業の海外進出に」田邊弘一・北海道国際経済室長

《マレーシア》

  • マレーシアの4~6月期GDP、前年比4.9%増=前期比0.4ポイント上昇-中銀
  • 第2四半期のマレーシア経常黒字、前期比13.0%減=統計局
  • 第2四半期末の対外純負債残高、196億リンギ=統計局
  • 19年の自動車アフターサービス満足度、三菱自が首位=JDパワー調査
  • 東京五輪に向けハラル輸出拡大=官民連携で新構想
  • クアンタンを新たな輸送・物流ハブに=次期国家開発計画で
  • 18年の国内旅行者数、前年比10.9%増=政府観光局

《インドネシア》

  • カリマンタン島に首都移転=ジョコ大統領が表明
  • 20年予算案、成長率目標5.3%に=投資と消費を原動力に-ジョコ大統領
  • EC代行エンスクエア、ベトナムとインドネシア進出へ=10~12月期に
  • 不動産ミナハサ、北スラウェシ州の経済特区開発に2.1兆ルピア投資

《タイ》

  • タイ・ライフ、ミャンマー同業シチズン・ビジネスに出資=明治安田生保のタイ提携先
  • 地元銀の貸出金利引き下げ、160億バーツ超の負担軽減=カシコン・リサーチ
  • 農協銀、セブン-イレブンを代理店に
  • カシコン銀、PB部門のオフィスをプロムポンに移転
  • 損保BKI、上半期の保険料収入19%増
  • 景気刺激策は総額3160億バーツ=政府予算と国営銀の融資で対応
  • 経済閣僚会議、成長率目標を設定=19年3.0%、20年は3.5%
  • タイ南部ラノン港、インドのクリシュナパトナム港と協力提携

《ベトナム》

  • 国有企業93社の株式会社化リスト承認=20年末まで-ベトナム首相が署名
  • 19年の銀行貸し出しの伸び、14%に達せず=証券大手2社が見通し
  • 1~7月の社債発行、銀行が上位=自己資本増強図る
  • 国際フランチャイズ協会、最も価値ある12カ国選定=ベトナムは8位
  • 「ホリデイ・イン」、9月にホーチミンで開業=ベトナムで初
  • アジア開銀、ベトナム5省の観光インフラ開発を支援

《インド・その他アジア》

  • カシミール問題で中パ連携=インドは介入拒否

《中国・香港・台湾》

  • 米、ファーウェイ緩和延長も=スマホ保守など3カ月容認-報道
  • ネッツ、アリババ副会長が買収=NBA
  • 米、台湾に戦闘機66機売却へ=27年ぶり、中国反発

《Japan/World Today》

  • 安倍首相、内閣改造「大幅」で検討=人選、政権総仕上げ意識-二階幹事長の処遇焦点

《人事・訃報》

  • 米俳優のピーター・フォンダ氏死去、79歳=「イージー・ライダー」出演

《マーケット情報》

  • 三菱UFJ銀行 アジア通貨日報 2019年8月16日
  • アジア主要市場の株価指数(16日、カッコ内は前営業日比)
  • 東証出来高・指数(16日、平均株価単位=円)
  • 〔ロンドン海運市況〕バルチック・ドライは+41の2088で終了(16日)

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(19日)

《シンガポール》

7月の石油除く輸出、5カ月連続でマイナス=対日本、香港が大幅減

 【シンガポール時事】エンタープライズ・シンガポール(シンガポール企業庁)が16日発表した7月の貿易統計によると、主要指標の非石油製品輸出(NODX)は前年同月比11.2%減少した。約6年ぶりの落ち込み幅を記録した6月(17.4%減)よりは減少幅が小さかった。マイナスは5カ月連続。企業庁は「米国を除く主要市場向けで輸出が落ち込んだ。特に日本やマレーシア、香港向けが大幅に減少した」と解説した。...

【目次へ】