2019年3月26日 (火)

《ベトナムトップニュース》

《ベトナム経済・産業》

  • 海外電力大手がLNG火力発電に高い関心=需要増大に対応
  • 中銀、債券発行などで資金吸収=短期金利低下、貸出金利への影響懸念も
  • 18年末の銀行資産総額、4721億ドル=年初比10%増-中銀
  • 豚コレラ被害で養豚業者への金融支援を指示=中銀
  • チューライ経済区、自動車工場拡張に着手=農林加工拠点や新岸壁も
  • 旅行大手ベトラベル、短大運営会社の株式66%を取得
  • 「チョウザメ」油田の生産量、計画を15%超過

《ベトナム一般》

  • 全国399県を「鳥インフル発生リスク高い」と認定=農業・地方開発省

《各地のベトナム関連ニュース》

  • 在留外国人、最多273万人=ベトナムの増加顕著-法務省
  • ASEAN、非関税障壁が増加傾向=国際投資貿易研報告会
  • 台湾の製紙大手3社、地元やベトナムで増産

《ベトナム経済資料》

  • ベトナムのドン・金相場(3月25日)

《コラム・リポート》

  • 【アジア風・ハノイだより】米朝首脳会談・Part2
  • 【ベトナム万華鏡】40代のニューリーダー台頭=「戦後」生まれも
  • 【早読み!週刊誌】ピエール瀧、薬物愛用の理由(3月18~24日発売)

《ミャンマー・カンボジア・ラオス》

  • ブラザー、今年はラオスで拡販=前年度比50%の増収狙う-タイ

《タイ》

  • 京急のストローに生分解性プラスチック=タイ工場で生産-三菱ケミカル
  • 財務省、GDP成長率予測を下方修正へ=輸出の伸び鈍化で
  • 連立交渉、親軍政軸か=予想上回る躍進-タイ総選挙

《中国・香港・台湾》

  • 製造業への介入縮小=対米配慮か-中国工業情報相
  • 中水集団、18年は16%減収=マグロ漁獲減で-北京市

《シンガポール》

  • インドネシア人のシンガポール不動産購入、減少傾向=業界関係者
  • 宗家源吉兆庵、チャンギ空港「ジュエル」に出店へ=シンガポール2号店

《マレーシア》

  • マレーシア、戦闘機購入先を変更も=EUパーム油規制の報復で-マハティール首相
  • 1月の景気動向指数、「先行」「一致」ともに上昇=前月比で-統計局

《韓国・北朝鮮》

  • 北朝鮮、連絡事務所に復帰=「正常運営」と韓国政府

《その他アジア》

  • MRT、運賃は10キロ当たり8500ルピアに=州政府の提案下回る水準-インドネシア
  • 国際帝石のアバディLNG事業、改定開発計画案めぐり協議=インドネシア・エネルギー省
  • マンダム現法、18年は純益3.4%減=インドネシア
  • インドネシア国営電力PLN、年内にグローバル債20億ドル発行へ

《自動車・二輪》

  • 自動車業界、IT人材獲得に熱=東京に開発拠点新設
  • 19年度の新車販売、4年ぶりマイナス=世界経済低迷が影響-自工会予測
  • アイシン精機現法、タイ同業と資本業務提携=アフターサービス部品拡充
  • APホンダ、CBR150Rの新モデルを発表=2012年から初の全面改良
  • 二輪の配車サービス、運賃制度を決定=5月1日施行-インドネシア運輸省
  • シボレー、グローバルモデルを毎年投入=タイ
  • 独ボッシュ、南京で電動油圧ブレーキ生産=江蘇省
  • 上海柴油機、18年は9%増益=三菱重工との合弁は黒字確保
  • 英JLR、中国自動車メーカーの意匠権訴訟で勝訴
  • 愛知製鋼、中国で自動車向け磁石製品の生産拡大=1.4億円の増資引き受け

《Japan/WorldToday》

  • 東京株、2万1000円割れ=終値650円安、今年最大の下げ幅
  • 強まる日銀緩和観測=長期金利、国内外で低下鮮明-世界経済の減速懸念
  • 働き方改革、4月から残業規制=5日の有休義務付け
  • ベア、要求上回る1%=待遇改善へ異例対応-三菱UFJ銀

《人事・訃報》

  • デサント次期社長に伊藤忠の小関氏=石本氏は退任
  • マクニカ富士エレ社長に原取締役=中島社長は会長に-6月25日就任
  • 大商、槙山氏が初の女性理事に=4月1日付
  • 児玉俊一郎氏死去(元呉羽化学工業〈現クレハ〉社長)
  • 松本克也氏死去(元岡三証券〈現岡三証券グループ〉副社長)
  • 俳優の織本順吉さん死去
  • 落語家の三遊亭金遊さん死去
  • 米ポップグループ「ウォーカー・ブラザーズ」のスコット・ウォーカー氏死去

《マーケット情報》

  • アジア主要市場の株価指数(25日、カッコ内は前営業日比)
  • 三菱UFJ銀行直物為替公表建値 03/25
  • 上海メタル(25日)

《予定》

  • きょう(26日)の発表行事予定

《新聞各紙から》

  • 東京各紙朝刊(26日)

《お知らせ》

  • 訂正

《ベトナムトップニュース》

三谷産業、粉ワサビのハラル認証取得=食品管理も-東南ア、欧州で拡販へ

 【ハノイ時事】三谷産業は25日、健康食品向け原料などを製造するベトナム子会社オレオ・ファイン・ケミカル・プロダクツ(AFCP社、ドンナイ省)の粉ワサビについて、イスラム教徒の戒律に沿って調理・製造されたことを示すハラル認証と、食品の安全性を確保する衛生管理手法「HACCP(ハサップ)」認証をこのほど取得したと発表した。東南アジアのイスラム教徒の多い国々や、欧州向けの販売拡大につなげたい考えだ。...

【目次へ】